ミュゼの脱毛学割情報

トリンドル玲奈さんのテレビCMでおなじみの脱毛サロン、ミュゼプラチナムですが、残念ながら学割というサービスはありません。
しかし、ミュゼの魅力は何と言ってもリーズナブルな価格設定。特にワキ脱毛は両ワキ完了コースで通常価格3600円という格安価格です。更にwebから予約すると1000円オフの2600円になります。
また2014年4月現在、両ワキ+Vライン完了コースが通常価格3800円のところ期間限定で800円という激安価格のキャンペーンをやっており、学割がなくても学生さんにとって非常に利用しやすいサロンだと言えます。
しかもミュゼは「勧誘は一切いたしません」を売りにしており、希望以外のコースの契約や物品購入を強く勧められることも決してありません。
「初めて脱毛にチャレンジしたいけれど料金やサロンの接客に不安がある」という学生さんや、「子供が契約を巡るトラブルに巻き込まれないか不安」と感じるその親御さんにも安心していただけるサロンです。

脱毛サロンの学割に関する口コミ

脱毛サロンでは、ムダ毛が気になり始める年頃の学生も通いやすいよう、料金設定を低くしたり学生割引を導入し、一度しかない青春時代を楽しんでもらえるよう工夫をしています。
銀座カラーでは、学割脱毛と題し通常プランを20%オフで受けられる特別料金を導入。さらに魅力的なのは、学生の3年間通い放題ということで、費用の負担を抑えムダ毛の悩みを解消できると口コミでも評判です。1回で全身脱毛できるうえ、3か月の毛周期に合わせて受ける施術は負担も少なく続けられます。
学生に人気のミュゼプラチナムやエピレでは学割を導入していませんが、学生でも続けられるお得な特別キャンペーンを頻繁に行っており、お小遣いやバイト代で充分支払える料金体制をとっています。
学割に加え、お友達紹介やモニター登録などの割引制度と組み合わせると、さらに料金を安くできます。また、便利な分割払いや完全後払い制となっているため、施術が終ったのに支払いは残っているということがないのは嬉しいですよね。

大阪エリアの脱毛サロン学割情報

大阪エリアで人気のRINXでは、思春期に多い男子学生の顔やヒゲに関する脱毛を後押ししています。自分磨きを応援するメンズの「脱毛学割」と題し、学生の2年間顔ヒゲ脱毛し放題・通常メニュー料金20%オフ・友達同伴の来店でキャッシュバックと、お得な特典付きです。
申し込み時に学生であれば卒業後もプランは継続するので、しっかりと悩みを解決することができます。2年間最大24回の施術を満了したあとは80%オフ保証が付き、満足いくまで利用することが可能となります。
学割対象となる施術部位は、肩・胸元全体・背中・へそ周りを含む腹部・わきの下といったボディや、おしり・VIOなど20ヶ所が対象となり、上半身や下半身のいずれかをえらんだり、丸ごと全身施術対象とすることもOKです。
気になる支払い方法は、各種クレジットカードの利用や分割払いはもちろん、手持ちの予算に合わせてプランを提案してくれるので、おこづかいやバイト代など無理のない範囲で利用できる学生にやさしいサロンです。

脱毛サロンの学割情報@銀座カラー

銀座カラーでは学生の皆さん向けに豊富な学割プランをご用意しています。
学割特典その1は「脱毛入学祝金脱毛券¥10000プレゼント」。初回契約時にstudent priceのレギュラーコースをお申込みいただくと2部位目から使用可能なチケットを1万円分プレゼントします。
その2は「コース料金10%オフ」。例えば通常13000円のデリケートチョイス6回プランが、student priceなら11700円でご利用できます。
その3は「ペア割」。ご家族やお友達と一緒にご来店いただくと、ご契約金額に応じて2000円から最大2万円までをお値引いたします。
もしこの割引をすべて使って両わき、両ひざ下、両ひじ下6回の施術をご契約いただいた場合、通常価格65000円のところがなんと46500円(税抜)にプライスオフ出来てしまいます。
脱毛をご検討されている学生さんはぜひ時間の融通が利き、学割が利用できる学生の間に銀座カラーへいらしてください。

脱毛サロン皮膚科の学割

一般的な皮膚科や美容皮膚科で脱毛処理を利用する際、気になる料金プランですが、最近は学割サービスを導入しているところを増えています。そのため、安心して良質の施術を受けることができるようになりました。
学割プランは、各医療機関によって受けられる割引サービスが異なります。
契約を結ぶ前にインターネットや電話で問い合わせたり、無料カウンセリングを受け施術内容や料金プランなど説明をきちんと聞いておきましょう。
通常の料金プランの5%引きや10%引き、回数を限定して割引くなど様々です。医療機関であるため、知識や技術および実績を持っており、トラブルが起きにくい安心感に大きな違いは見られないと考えられます。掛かる費用で一番安くなるところを選ぶとお得感があります。
共通して言えることは、学割を利用するには学生証の提示が必要です。未成年の場合、親権者の同伴または承諾が必要となるので、事前に承諾を得ておかなければなりません。

おすすめの記事